FAR    フォロー 0 フォロワー 3 投稿数 37

胸に手を当てて読んで下さい

君と僕だけしかいない会場でロミオとジュリエットを演じたい 

自分だけ何も知らずに生きているそんな毎日だった気がする 

英雄が紡いだ言葉を口癖にしても心に響いてこない 

「辛い」と言う手首に一を斬り込んで「幸せ」だと言うことにしている 

「もう少しもう少しだけここに居て」最終電車は過ぎているのに 

フッ化水素酸で口を洗いたい君の辛さが辛すぎるから 

もういっそ灰色だけを載せて欲しい血の色だけはもう見たくない 

問いましょう貴方の価値を示しなさい十字以内で簡潔に書け 

大層な不幸自慢に苛まれ「自分なんか」を羨む日常 

努力してたけど失敗して泣いた君は確かに輝いていた 

君の吐く分別不可の戯言は燃えないゴミに出しちゃいました 

明日には誰かが死んでいるのだろう黙祷をする気も起きないが 

嘘つきは麻薬となんら変わりなく口に含めばもう止まらない 

『ふりだしに戻る』を宣告させられた人生ゲームを楽しんでいる 

麻雀の安牌を切るかのようなカルペ・ディエムに囚われていた 

君が好きなどと囁く妄想に心当たりはございませんか 

「注文は何にしますか?」「愛情で」「生憎それは売り切れまして」 

愛なんて火傷のようなものなので溶けた氷に漬けときました 

健康と時間と知恵と人生を削って出来た金とかいう奴 

マニュアルで得た色恋の定石はリアルではセクハラと呼びます 

「終点は現実です」とアナウンス足元に気をつけてください 

神でさえいつも喧嘩をしてるのに世界平和がどうたらこうたら 

山火事をスマホ掲げて撮る人を撮って晒して批判してみる 

労働の基準法すら守れない人が子供に教鞭を打つ 

太陽はただ燃えているだけなのに地球から来る期待が強い 

「誰よりも早く大人になりたくて」「子供の頃に戻れないかな」 

いいよなあ勇者は人の家の中荒らして行っても怒られないし 

いつ見ても隣の薔薇は赤いので藍より青く染めてみました 

宗教という名の古参サークルはいつも人気で賑わっている 

臭いものには蓋をするかのように厚い化粧で君は微笑む