「あの人はダメなヤツでね」 …本当に? 君が困っているだけじゃない?