慈しむ たったの線の一本を正しく記した男子、あのとき、 

  やちぴ