君と僕 まったくちがっているけれど 「ああ、同じだ」 と 少し思うこと