妖月を見上げる息の白白と溶けゆく宵の寒さよろしう