佐々木菜々子    フォロー 11 フォロワー 12 投稿数 225

「現実」を短歌を通し再調整セルフセラピーとしての短歌 星空文庫もよろしくお願い致します。https://slib.net/a/21075/

‪生きるためひとり楽しく生きるため店員さんに笑われたくない‬ 

詠む、なんて高尚なことできませんこねてつくったただの文です‬ 

‪つくってるたんかは全て個人的感想であり保証しません‬ 

‪嫌いならいつかは好きに変わるかもどうせ逃げられない自分だし‬ 

‪そばだてている両耳が邪魔をして白いまんまの原稿用紙‬ 

寝たふりで被る布団の暗闇で光る画面に照らされる指 

‪居間の声耳そばだてて本を読むふりをしている廊下は冷える‬ 

どこにでも居場所がなくて部屋と部屋つなぐ廊下で本を読んでる 

‪役立った時は生きていてもいいと言ってもらえている気がしてる‬ 

その言葉美しすぎて表面を目も耳もつるつるつるすべる 

‪見るだけでときめくロリィタ服と着物もしかして:現実逃避‬ 

買いに行く気力も無くて石鹸できしむ髪、朝、怒らないでね 

低いとか言ってごめんね声が出ていたこと自体すごかったのに 

‪慎重に進んでだめになったから極端だけど次は気楽に‬ 

背景の一部になっていく君がいたから少し優しくなれる  

「もう八年経つから消えてほしいよね」笑い話にする左腕 

‪気づかれてないと思っていたけれどひとえに君のやさしさだった‬ 

割りすぎて溢れ出したるどろどろの腹を正体とは呼ばないで 

理解ではなくて小鳥を抱くように違いもそっと受け止めるだけ 

‪理解できないと言われて不思議です理解できる気でいたあなたに‬ 

‪現実を忘れたいから旅に出る給料なんてただの数字よ‬ 

‪あのひとに似ている人と目が合って逸らされたから本人かもね‬  

スキ←→キライ 同じものだよベクトルの向きはいつでも容易く変わる 

‪誰にでも優しい君のユイイツがほしいよ早く嫌いになって‬ 

愛するにいたる閾値は小さくて安いと言われようとも叫ぶ 

‪振り向けば後悔だらけ、だからこそ「後悔しない後悔」はない‬ 

飛行機の中では肩は軽かった思い知るのは空気の重み  

‪着陸で空気の重み思い知る肩コリ無しの上空世界‬ 

読まれないメール書くのはもうやめる君を忘れるためのステップ 

努力ではどうにもならぬ降るなとてこの死にたさは雨患いだ