佐々木菜々子    フォロー 10 フォロワー 12 投稿数 223

「現実」を短歌を通し再調整セルフセラピーとしての短歌 星空文庫もよろしくお願い致します。https://slib.net/a/21075/

‪前髪を伸ばしてみたい少しでもあのひとのこと忘れたいから‬  

‪ぬくもりが欲しくてチキンタツタ買うもっと欲しくて探すコンビニ‬ 

‪美味しさも写真の中に移るのか撮らずに食べたパンが美味しい‬  

‪駅前のひと、ひと、ひとを探さないことがこんなに心が軽い‬  

‪とびきりの失恋をしたお祝いに枝の付いてるレーズンを買う‬  

‪あのひとを探さず歩く交差点パンを片手に楽な呼吸で‬  

‪本を閉じ道ゆく人にあのひとの面影探すことも終わった‬  

‪裏庭にいちじくの木が生えている家で生まれた母(ひのえうま)‬ 

‪道ばたの石ころにさえ嫌われたいそしたら未練なく消えるのに‬ 

‪楽しいとそれだけ言って帰るのね私の価値は言葉ひとつね‬ 

ミルキーの四つ葉マークが死ぬなって言いたげに出てくるタイミング 

‪幸せなくせにあの子はずるいのよ涙が似合うから泣いている‬  

‪性格が悪いと思われるくらいなら死にたいよ(そういうとこよ)‬ 

正解がないならこれではなまるをくださいこれでセイカイにして 

今度こそ天職でありますように祈って祈って祈って祈る 

ふればふるほどに楽しくなりそうなシャカシャカポテト控えめにふる 

‪嫌われていいやわたしのたましいがだめだとかいうわけでもないし‬ 

‪楽しさに値段を付けて値切られるよりはじめから無い方がいい‬  

‪すり減った靴のカカトをクルトガのように使ってまだ歩いてく‬ 

‪押し込めた足の小指が苛立ちを吐き出すように自己主張する‬ 

‪傷つけてしまわないよう取る距離を愛情という名前で呼んで‬ 

‪幸せにしてあげたいよできること君から遠く離れることだけ‬  

‪さっきまで泣いていようと電話では元気な声が出る受付嬢‬  

‪ジェネリックスターバックス(コンビニのチルドカップ)の柄で知る干支‬ 

‪お土産をぜんぶ一度に食べてしまう君とはきっと違いすぎたね 

‪叱られるときとおんなじ言い方の「普通」電車の来るアナウンス‬  

‪起こらないドラマみたいなできごとは未来の君は会いに来ないし‬ 

‪ふわふわのコッペパンなら埋まるかな胸の穴にも卵フィリング‬  

‪胸の穴もはや窓とも呼べそうな存在感を魅力と呼ぼう‬ 

‪胸にある穴を通して見る景色いかがでしょうか? 友よ家族よ‬