瀬雨  フォロー 4 フォロワー 4 投稿数 37

おもむろにきみは左手 耳にあて ほほえみながら話すはノイズ 

君のその どうしようもない うかつさも まとめて私が愛してあげる 

靴擦れをにらんで願う 来世こそカルピスウォーター似合う女の子 

食卓の桃から梨に変わる頃 レベル18の君の旅もおわる 

オフィカジュをまといし彼女ヒール脱ぎ 烏となりて山に飛び立つ 

私以外 あなたと私を知らないの 相対的に私が絶対 

こぼれ落つ前に綴りし言の葉が あぶくとなりて夏に消えゆく 

言うなれば 弱冷房車な人がいい 私もなるたけそうでありたい 

一日の終わりの空に何を思う 世の人は呼ぶ くれない色と 

朴念仁 言われてみればわかるけど 言わねばわからぬ 髪の毛5ミリ 

朝起きて電車に乗って仕事して 今日も一日頑張るぞ、オー!ストックホルム症候群 

つながれし だれぞの愛犬横目見て きゅうくつなのはひとだけでなし 

ひぐらしが雲指差し叫ぶよう 秋刀魚さんまの形のあれは秋雲 

ビニール傘「そらみたことか 曇天から 君の怨念が降りだしたぞ!」 

アスファルトを あめんぼがごとく 歩く僕 安心していい 明日は嵐だ 

新鮮なこころをいためて味をつけ 美味しいソテー「はい、できあがり」 

善悪は時間とともに変わりゆく ためらいながらエアコンつける 

夏だからゆるされたい つぶやきをももよそじとか呼んでみたい 

三十一の歌病かなこのごろは まどろむ頭が七音さがす 

東から 星の一つが部屋に入り 瞬く間に我が血吸われる 

あくまでも そこに太陽ひかりをみつけるか ナナホシが夜半に群がる LED 

食料も娯楽も文具も100円です 陳列棚に己を並べる 

新しき衣をまとい嬉しげな まだ傷もなしスマホケース 

きんようび 今日のお昼は外にしよう 私のわたしを洗濯しよう 

生まれ持つからだの鎖 耐えかねて 分裂するの俺・僕・わたし 

おとといのLINEの既読が あなたの非実在性を証明する 

どうであれ 恋する者も せぬ者も 等しく照らせよ ストロベリームーン 

最寄駅 すれ違うだけの名も知らぬ あなたの足音おぼえてしまった 

ちがうのよ あなたがきらいなわけじゃない 雨にうそぶき うすい膜はる 

階段をのぼる先には清い空 偽善も偽悪も必要ないの