襟野貞良    フォロー 0 フォロワー 0 投稿数 18

マカロンがすき。

桜貝の生爪ネイルで隠します 知っているのはあなただけでいい 

立ち尽くして スポットライト当たらない 君の挫折に拍手しました 

「よかった」と結ぶつもりもないけれど キミの挫折はただ正史でした 

きらきらの目 挫折もするしいつか死ぬ だからキミのこと愛したんだよ 

手の爪を紫陽花色に塗りました 憂鬱なのに梅雨を待ちます 

君死んで あたたかな星増えるなら 夜は怖くない待ち遠しいな 

若いキミ いつか死ぬこと愛しいよ 生きているってよく分かるから 

綺麗だね私の歯形のキリトリセン マシュマロみたいにかさかさの肌 

綺麗なもの全てガラス玉だったなら 君の魂ラムネに入れたい 

海の香り死臭だからね嫌いなの これも怨嗟かな新芽の匂い 

黒髪が藍に見えるの哀しいの 君が目の前にいない証明 

生きてほしい 祈りは欲の昇華だよ 私が君なら死んでほしい 

「好きでした」 言えない自分が好きでした 辞書に押し花 もう香らない 

許せないよ 呼吸すること笑うこと 呪いたかったな 幸せにおなり 

月の闇 誰かの命が燃えてるの だから貴方の 見る目は赤い 

あまりにも綺麗な殺戮だったから 次の人生キミを恋いたい 

海に行こ。一緒に死んで。同義だと僕は知ってて帽子を被る 

「可哀想」自己満足がお好きだね 花を摘むのは君の意思だよ