ひろくん  フォロー 1 フォロワー 3 投稿数 32

障害を持つ身ですが、歌の中では自由です。

いつの日か 二上山に皇子訪ねむ もはや叶わず 車椅子の身  

救世観音 千年の秘宝目の当たり 太子を偲ぶ春の御開帳 

鳰の海 湖畔に眠る皇子偲ぶ あの日の戦白露のごと 

大池の水面に溶け込む薬師二塔 古きと新き時を超えて 

皇女ひめたずね師とともに来し猪養の岡 雨後のぬかるみ墓前に立てず 

今はただ想いを馳せる明日香里 古き御寺みてらや貴き御陵みささぎ 

春毎に通い詰めてし古都大和 足痛み知らず巡りしまほら 

明日香里 野辺に咲きたる萩花は 見てただろうか この地の栄枯を 

五月晴れ 梅雨入り間近の青き空 このまま続きて夏来ぬも良し 

衣替え お気に入りのデニムシャツ 秋になったらまた会おうね 

鏡のごと我を映すオフの液晶テレビ 春冷えの部屋 外は花流しの雨 

君去りて 今なほ探す掲示板に 君の名札と優し微笑み 

瀬戸内の夕風揺らす君の髪 今も揺れてる写真の中で 

倉敷の水路のほとり散歩道 恥じらいつつもつなぐ手求め 

あの頃に戻ったとしても 同じ道辿るのだろうか あの分岐点わかれみち 

菅公の社に仕へし三十余年みそとせあまり 少し誇らしき生かされし日々 

願いごと間に合わないよ 流れ星 お願いだからゆっくり流れて 

約束ね 約束守れなくても怒らないって約束してよ こんなボクだから 

『遅くなる』娘からのメール CMの間父は意味なく玄関に立つ 

遅番の娘の帰り リクエストの煮込みハンバーグ温めながら 

『美味いか?』父が聞くと 『イマイチね』娘が答える 土曜ゆうべのカレー 

こんな我なれど出逢いと別れ繰り返す それなりに嬉しく それなりに淋しい 

押したくないコールボタン 押さなきゃならないコールボタン その狭間で生きている 

マーラーのアダージェット 葬儀場 なんとなく安堵 果たせた約束 

旅立ちの棺に副へし萬葉集 母の愛でし歌栞挟みて 

今もなほ心に置きて繰り返す 母が教えしAct with Pride   

私は行く父が堅めし道 私は行く母が照らさし道 歩き続ける 

動き難き指で開きしLINE アプリ 知らせ あり 母 逝きし 

初めての母のいない誕生日 葉桜の墓前にただ手を合わす 

病悔し 君に出逢いて日々和む 体支えし 心も支えし