フォロー 3 フォロワー 2 投稿数 63

論理が好きです

炭酸の弾けた泡で皮膚を刺す 流入するは夏の幻覚 

一つずつ星に成り行く だあれにも見つからなかった三一字 

もう全て どうにでもなれ 午前四時 ここで絶えたら楽になれますか 

夜一人 バレないように泣いていた 可愛い私 今救うから 

宇宙から 見た私達は細胞で きっと理由なく生きているわ 

思春期の春に何を思おうが 私の勝手だそれが思春期 

信号の待ち時間にジリジリと 陽炎の音は 夏のスターター 

「さようなら」上手く言えない子どもらの「また明日」って生な約束 

いいんだよ 真面目に生きた分を今 この微睡みで溶かして行こう 

私だけ バグかもしれん 月曜日 オセロ式に連休にして 

今ひとつ舞った桜と引き換えに この涙達散って行け春 

あのうお座 ロマンティックが好物で 詩に溺れつつお酔いでいるね 

外国語 見るとワクワクする君と同じで私、日本語が好き 

人間も殻を破ってカラフルに回り出したら 春はもうすぐ 

大きめの携帯買った けどなにもすること無くてただ詠んでるだけ 

幼き日 おんなじことを奇数回繰り返す夜 気づけよ異常 

戦争を知らない子供笑ってて その無垢掻かず大人になってね 

正直さ「おしゃピク」なんてこじつけで ただこの桜見せたかったの 

木漏れ日の間を縫って作ったの 暖かくて大きな愛を 

記念日に限って雨が降るような気がしてるから 花だけは咲いてよ 

真っ直ぐに進めないのかこのハサミ  紆余曲折はまるで人生 

えっとあの 急にごめんね 呼び出して ずっと前から好きです、なんて 

背を向けて眠るあなたの傍らで 「夜 長い 暇」って検索かける 

「七七でダサくなる」って先生に言われたけれど、まだ短歌詠む 

いて 散ってしまった諸々を 惜しい惜しいと抱きしめている 

春だから? いつもの眼鏡外してたバ先のあの子 不覚にもキュン 

千本の針を飲むから許してね いい子のフリしたわたしのことを 

ぐるぐると回る洗濯機入るから ナカソトも綺麗にしてくれ 

「さよなら」を言った数だけ春が来る 「またいつか」ってありもしないで 

「戦争」は嫌いだけれど 平和ボケ 「戦争もの」は好きな人達