音響  フォロー 7 フォロワー 7 投稿数 46

一瞬の高校生活あと少し泡沫のような青春を詠む

いつかまた短歌に残したい日々に出会えたらここに戻ってきたい

窓隔て小学生がもーいいかい?赤本解きつつ思い出すあの日 

ねぇ今日の夜空に浮かぶあの月は待宵月って言うんだってさ 

3年間だからいいと言うけれどあと30年通いたいくらい 

授業中窓の向こうの体育を眺めているのもあと半年か 

コオロギの鳴き声が響き眠れずにモンエナキメて今日も一日 

描いてなきゃ出会うこともなかったと言う彼女の絵に惚れてしまった 

蝉の声押さえてるのはFコード鳴るのと静寂どっちが先か 

同級と比べ落ち込む日々だけど今なら言える無駄じゃなかった 

夏期補習暑くてだるくて眠いけど推しに会えるから今日も靴履く 

光るのはLINEする彼のスマホ画面今だけはキミの彼女でいいかな…… 

この涙見せたくないのは後輩が来年笑って終われるように 

生まれとか才能環境違ったら私も世界守れたのかな 

クーラーが効いてる部屋のテレビからサライ流れて課題を急ぐ 

笛が鳴りコートに落ちる先輩の涙は俺が見せてやらない 

LJKコロナ禍生きる私たち青春はどこ?と笑う友達 

カーテンの隙間から青差してきてスマホを置いて寝るよるのあと