うずらのたまご  フォロー 14 フォロワー 8 投稿数 35

夜に棲息している

名を知らぬ明るい星に手が届き君の瞳におちてくる夜  

体温も煙草の味も唇も全部忘れた覚えてねえわ 

小舟ゆく闇溶ける海あいいろに 果て見えぬなら恋と呼べるか 

夜もすがらおれをさいなむゆめうつつ 耳をふさいだその色は青 

まだ着てんの?そのニルヴァーナのTシャツ あなたのいない二十七歳