misty    フォロー 19 フォロワー 13 投稿数 34

2018年8月に短歌をはじめました!まだまだ勉強中ですが宜しくお願いします! 好きな歌人は与謝野晶子と俵万智です!

帰らない一つの奇跡電車道貴女の影は今もこの胸 

ばるぼらよヴェルレーヌの詩忘れたか死してなお今旋律此処に 

ばるぼらは私に言った、「返してよ」。借りた五万かお前の心か? 

マロニエの樹の偽りを憶えるよマカロンの癖はやや見抜けたのに 

憶えしな品々借りて御前死す次から次へ資本流れど 

春雨の秋の前線省みん移ろいゆくは只の我のみ 

夜来いの恋だけ味わう缶ビール京都四条枝豆揺れる 

ワシーレフ弓の数だけ敵堕とす彼ナポレオン蜂の如くに 

ばるぼらの薔薇の花束美しき夢の中にて御前と踊らん 

口裂けぬスライスチーズの感触やあな酔いどれし天使の数々 

私はね願っちゃいない平和事詩集を読んで闇を知りたい 

下北で池袋でも本を買う最後に願うはそうヴェルレーヌ 

あの日より本が全然読まませぬ心を癒すは詩集ばかりよ 

東京はとても広くて爽だったショパンのディスク何枚買って 

明け方の遠くで火事が不穏なり私は読むよ『地獄の季節』 

明け方の異国の蹴球疲れてさ此処は何処で世界よ隠れるな 

ポッケのね穴から金貨が舞い込むの縫われた傷は癒えないのにね 

宿り木の夜の地響き寒かりしダンツィヒの地太鼓鳴る鳴る 

ジャンコクトゥ冬の夢にし孤独性くらき部屋より光のざわめき! 

世界旅何時の時から貧乏旅セリーヌの夢眠りの宿 

まちがいはいつのときでもトルコ人かろやか飛翔きみ愛唄う 

迷いしの宮殿でもなく血でもなくただ貴方への愛の計量 

重き指成れるは果ての夜の旅北国画家が静かに微笑む 

祖国とて 星の瞬き 夜憂夢 ピアノの調べ ハンガリーなり也 

『国富論』読みつつ思うは「我富論」朝のぼらけの眠気をこらえて 

どのようなことも可能と言い切るか風のように舞い塵と消えたアイドル 

『ハムレット』芥川賞欲しかった人新たに化けてはさぞ美しかりや 

深入りのコーヒーミルク絡ませて今日一日分の疲弊を舐める 

冴えていく黒犬の目の赤光り天使の微笑でまた醒めていく 

しょうしんの影に見ゆるは虚仮おどしドーナツのそれ詐欺師の夏よ!