かくまる  フォロー 0 フォロワー 0 投稿数 11

12歳上の恋人と暮らす私の日記です

喉の奥詰まって上手く吐き出せないこのまま息の根止めてしまえよ 

水を手に「どうせ半分取られるし、少し多めに注いでおこうか」 

「問題です。私の好きな人は誰?」「誰だろうなあ、もしかして僕?」 

気づいてる?私と話すとき僕なのに独り言では俺になるよね 

窓開けてベッドに入った十秒後きみが発した「秋の音がする」  

体外に出した途端に腐り出す君のエモーション熱いうちに打て 

憂鬱はしとしと落ちて足の裏 溜まって行き場をなくす おやすみ 

「ピクニック行きたいね」「涼しくなったらね」平らに広がる芝生色のラグ 

帰ったら家で待ってる知っているでも電話したい今しかないから 

‪音もなく空が光るのを見たんだよ勧めてもらったこれ聴きながら 

五感ではここに来るまでが遅すぎてもっと直接届いてほしい