暎宙  フォロー 13 フォロワー 11 投稿数 27

ユーザー

遠くに行きたくて本を立ち読み 私と君だけの場所へ着く 

間違ったファイル、間違った手順を踏んでここまで来たのに 

こころにエモさを見つけられないから食パンはもう食べられない 

みんながおやすみしてるときは、つかれたからだがじめんにおちてるよ 

真上から太陽が照りつけて遠くで鳥が鳴いて気絶しそう 

「才能をご用意することが出来ませんでした」とのメールが届く 

いつもよりはっきりみえる恒星ほしじぶんで光ることができない惑星ほし 

繰り返し聴いて "I'm feeling good right now." 燻った気持ちを吐き出す  

空が描かれてしまったから絵に描いたような空を撮ってしまう 

好きな人の好きな人役、私以外には務まらないでしょう?付き合ってだいぶ経つけど今でも好きでいてくれてる自信が無い 

小学生の頃の友人の言葉に縛られて生きる私 

新聞の音だけが外を知らせせかい世界わたしになる午前四時 

ジーパンにスニーカーからジーパンにサンダルになった とっくに夏 

走るのをやめ 歩くのをやめ 私に増えたのは 虫刺さればかり 

ぬるい風につつまれて 疲れと明日のテストをおもう電車内 

さよならと言わないでまたねと言ってくれよ また君に会いたいから 

好きな曲 好きなアニメ 遠く遠く離れずにいる冥王星 

僕、君の「ともだち」 僕じゃ君の頼りになれないって知ってるよ 

見上げた空は白く青く今にもぱきぱきと割れそうで冷たい 

ココアを作ろう 混ぜれば混ぜるほど幸せが感じられるでしょ? 

「好きかどうかわからない」と喚いた私から溢れる好きの気持ち 

どこへ行くにも音楽と一緒の私は季節を知らないんだ 

なんか悲しくなって飲めもしないカフェラテを買った 子どもだから 

あ、べたついた肌を見ていい人、今はシャワーを浴びる私だけ 

触れれば指を切りそうな月に季節の切れ目を見た日は湯を張る 

見る影がなくなっても好きなのはあなたがあなただからとは言わない 

元気が出るならそれはあなたが作ったホットケーキかもしれない