mare    フォロー 0 フォロワー 1 投稿数 33

空高く 飛び立つ蜻蛉眺めつつ 文字を転がす 31 

彼岸花咲くたび思い出語る人 同じ季節を選んで逝きし 

下の子が取りやすい場所確保して すでに兄より高いと気づく 

命日は覚えていずともその頃に 亡き人植えた彼岸花咲く 

目蓋落ち意図せず沈む海の底 ざわめくオフィスと行きつ戻りつ 

亡き父に香り届けと母生ける 百合咲き誇る 暗き仏間に 

善良で邪気のない人 何故なにゆえか あなたと居ると私は苦しい 

とろみある夜気を纏いて散歩する アイス齧りつ晩夏の道を 

歯車の上手く合わない一日も 雨には当たらず ラッキーデイかも 

この夏の私の予定返してよ お蔵入りするおニューのワンピ 

空豆ととうきびスイカ真桑瓜 皆が居た夏 懐かしく食む 

在りし日の父を見かけて追いかける グーグルアースの異次元のなか 

散歩する父を見かけし実家前 喪明け近くに グーグルアースで 

亡き父の嵐のような感情の 底にあるのは愛と知ってた 

俄には信じられんと子ら言うが われにもあった あの青い春 

沖縄の歴史と吾の生きたとき 重み違いし半世紀なり 

エアコンの音のみ聞いて眠り入る 蚊遣り 風鈴 虫の音懐かし 

反発も恨みつらみも父と逝き あとに残るはただ懐かしさ 

ひとり見る夕焼け空を発信ツイートす 奇跡の瞬間ときを君と見たくて 

「推し」「萌え」や「BL」さえも認知され なんとオタクの生きやすき世か 

大好きな伯父さんだったと泣く従妹 頷くことが難しい吾 

抗えず脅威感じた父何処いずこ 目の前にある小さき亡骸 

昼下り山積みの仕事やる気出ず 五七五捻る  現実逃避に 

煌めきを放つ舞台の立ち姿 夢か現かコロナ禍の夢 

用有りて 久方ぶりに会う叔父に 今亡き父の面影を見る 

やらなきゃと焦る気持ちとうらはらに 身体はのんびり 休日の朝 

ご褒美だ 酸いも苦きも乗り越えて 頑張ってるねと甘味を食す 

明けぬ夜に止まない雨に先見えず つぶやいてみる「これが人生」 

我が故郷 好きではないと言いつつも 日々映し撮る 富士の夕景 

恥ずかしく 母には言わず詠む歌を こっそり世界に発信してみる