頭突きついでに阪本  フォロー 2 フォロワー 2 投稿数 23

ボーイズラブとかが好きです

君を天国まで押し上げる為に俺が悪魔とタッグを組むさ 

人間と話せるようになりたいな三つ目同時に笑う練習 

見る角度によって変わるアートなので今いる僕もウソでほんとう 

「不安とは皆が皆持っていて」「でも猛獣は僕だけを噛む」 

結局は君無しでも生きられるのに河原で石積むデートがしたい 

君が馬鹿にした占い師が言うには女難の相が出ているらしい 

きらりんとアイドル夢見る少女には聞こえないこのサイレンのこと 

きしめくをひしめくと捉え違えてズレた音量で話は進む 

ベロチューはボケにもなって始発まで君は懲りずにあの娘の話 

無論右翼左翼でもなく平凡で少し君側に寄った哲学 

覚えたての絵画に見立て君を口説く 煌めく瞳はフェルなんとかさ 

いつの日か夜に喰われた6等星でさえ満たない僕を見つけて 

例えば、愛艶事苦衷喪失感キリンが逆立ちしたピアス 

おまえの頬母の自家製蒸しパンと同じ柔さと気まずい褒めを 

寂寞が食い散らかした肉片の俺をクリームソテーにしてよ 

液晶の口語な君の書き言葉をなぞることで埋まる空洞 

藍色の地獄旅行さ君が持つ微かな補色だけが光源 

落書きをした後触れたもんだからシャツにチョークで外国の虹 

それなりに失い勝ち取った夜でも君は健気に靴揃えるね 

果報さえ寝て待つ奴ら集めてさ、市民プールにイグアナ放つ? 

アポロンのくせに手先が冷えている ドンキのダサい柄が似合うね 

お笑いで言うところの裏切りである君の世界はまっすぐただしい 

そんな腕掴まなくても死に場所じゃ無くて風情を探してるだけ