東武  フォロー 5 フォロワー 4 投稿数 28

短歌って、楽しい。

火葬場で焼かれたぼくのからだから探してほしい星のかけらを  

年の瀬のオフィスの消えないLED眠らぬ街よ眠れないのか 

読みかけの本に栞を挿すように今日の夜空に歌を挿し込む 

花は散る涙ひとつも流さずに旅する蝶よ今日は何処に 

心とは目に見えるのか霧雨の残していった濡れた自転車 

平凡な今日と特別な日の違い一番星を探すかどうか 

カップルにぶつけてやろうかプラモデルくらえジオングメリークリスマス  

ルービックキューブを回して揃わない地球の青はバラバラのカラー 

一生のお願いだから聞いてくれ。生きてくれただ生きていてくれ 

人の死に涙を流す清い目よ何故口からは毒を吐くのか  

激流に負けじと挑む鯉だけが龍へ変われる空へ登れる 

世界中どこでも電波が届くから切り離してくれ世界から 僕を  

ブレンドの湯気の向こうで注がれた笑顔で今日のコーヒーは甘い 

見ず知らず名前も知らないアナタへと三十一文字の歌声よ届け 

明かせない心の内の暗闇をペンと文字とで光に変える  

友よまた青春の若き日のように共に歌おうBorn This Way 

鬱々とうつむく僕の真上にもふたご座流星群のきらめき  

将来の夢はあるのと子に問えば笑顔で「パパの夢も教えて」 

日曜の夜忍び寄る月の影ああ明日からまた五日間 

ネクタイの痣を首から消したくて土曜は空を眺めて過ごす 

道の端の見向きもされぬ石ころの僕も磨けば光るだろうか 

週休が三日制なら木曜ももっとみんなに愛されるのに 

冬へ向け慌ただしさを増す街へ秋は落ち葉でサヨナラ告げる 

まだ週の半ばだと知る絶望に決して負けるな二度寝もするな 

ひらひらと落ちる紅葉に目もくれずキミはお砂場遊びに夢中 

凡人も勇気一つを友にして言葉で固めた羽で飛び立つ 

日めくりの切り捨てられる一日にせめて歌でも添えてあげたい 

潰された畑の上に建つ家の屋根の向こうの光る金星