満夜  フォロー 0 フォロワー 3 投稿数 28

見に来てくれてありがとうございます。  満夜(まよ)

神無月 ととととろけるような日々 

私って ね あなたが思うよりずっとイケナイ子だよ もうわかるでしょ 

世の中で君を不幸にできるのは僕だけだから僕を選んで 

眠れないこんなに好きでどうしよう明日地球が滅びてほしい 

侮るな 何度季節が巡ってもわたしは君を好きなままだよ 

ふたご座の流星群が弧を描くあの子に彼氏がいませんように 

ロマンスと地獄の間でシャトルラン 中央線から夢がはみ出る 

いつまでも一緒にいられたらいいね明日は笹で船を編もうね 

伝説の勇者になるのは僕だけどもう少しだけお昼寝させて 

忘れたい君を縁取る細胞を皮膚を染めゆくヘモグロビンを 

行列に下流から並び直すときひとつ自分を好きになります 

もう一度あの人に会えますようにピアノをやめるニキビを潰す 

君のこと星空と同じぐらい好き 君はあいつをどれぐらい好き? 

僕だけに見える天使を捕まえてまぶたの裏に閉じ込めたいよ 

今晩はあまりにも幸せだからお星様まで手が届きそう 

大好きよ 今日も明日も明後日も その先はまだわからないけど 

夢みたい あなたを好きになってから自分のことも好きになれるの 

秘密だよ わたしがクラゲだったこと 橋の向こうまで海だったこと 

僕たちは天使のあの子の目が四肢が光を集めるさまを見るだけ 

野良猫と海の香りとキオスクとあなたと暮らすこの街が好き 

液晶のゼロハチゼロをなぞる指 愛がこぼれてしまわぬように 

何を食べ誰を神様としてもよい 私を好きになってもいいし 

今日こそは今日で最後って言わなくちゃ あたし健全な恋がしたいの 

不揃いな白と黒からメヌエット 跳ねる襟足 つめたい小指 

ばかみたい キャンディを砕くおまじない あなたと星を数えた夜も 

あどけない顔が好きなんてふざけんな 私はもっともっとエロいよ 

彼となら叶えたかった夢がある ひとつ言うから耳をふさいで 

人間をやめたらつぎはマドレーヌあなたの器官でワルツを踊る