草の幸    フォロー 0 フォロワー 0 投稿数 18

テレビに話しかけるタイプ

夏の裾 君の好きだった洋服屋  ガチャポンコーナーになってたよ 

帰り路にて 空を見れば変わらず 雲を見ればこの世は動き出す 

「何月の夕方が好き?」なんて 真剣な顔で君が聞くから全部忘れた  

天井をなんの気無しに見上げれば 必ず一匹の侵入者 

ちいさな菜の花の黄色 あつあつお鍋をちらちらと 

朝8時半の微睡んだ陽射し ダサTを受け入れる度量 

三月は隣人を連れ去り 私もまた旅に出る他無く 

過ぎていく2021の背中 まだお前に言いたいことがある 

雪風の中 腕時計の跡だけが一途に夏を覚えている 

如雨露が飛ばされていく音  蒲団に隠す明日の胸騒ぎ 

白鳥の声で目覚める贅沢を 誰かに言いたい言いたくない 

もう誰も訪ねぬ田んぼ一匹の猫 君の世界を覗かせてくれ 

ちょっとだけへんてこな服が好きです そんな風に暮らしていけたら 

雨の日の思案 嫌なことをするのは本当にためになるのかな 

草花を愛する私少しだけ 風情がわかる人の物真似 

ハンドル握り美しい空を悔やむ 明日にはどうせ忘れるくせに 

今日もまた一粒落とした貝殻の海 飲み込んでしまった言葉の数だけ  

遠慮がちな電話きっとお互いマジックテープのふわふわの方