KOMARIE    フォロー 5 フォロワー 4 投稿数 22

夕暮れのバックミラーに映るのは今来た道と戻れない昨日 

君と呼ぶ人はたった一人だけ声出し名前を呼べない君よ  

赤道の上に居たら4万キロ一日一周地球と回る 

寝転んで例えば地球が回っているそのスピードを背中で感じる 

買い物をした時忘れた携帯はさらされていたコンビニのレジ奥 

散る桜その足元には花びらに置いていかれた花柄はながらじゅうたん 

向日葵を見れば哀しい世の中に誰がしたんだ'O sole mio 

午後五時のサイレンの後の工場はキリンが歩くサバンナになる 

透き通って最後は天使がキスくれて命は終わる一人の午後に 

ブランコは行ったり来たり風を乗せしばらく揺れる風眠るまで 

ヤッホーと言ったら気づいて 空行きの乗車券を今買ったから 

夕焼けも小焼けもみんな歌うから明日だけはお天気にして 

このみかん君がおいしいと言ったから今日は世界で一番おいしい 

月読に心の奥まで読み取られ満月の夜空っぽになる 

土曜日の午後のカーナビどこまでも赤い点滅消えないシグナル 

いつまでも既読にならない「またいつか」消してしまう勇気はないから  

冷蔵庫の永久凍土になりそうなピーナッツバターと君を待ってる 

洗うなら洗濯ネットにそっと入れやさしく洗って今日の私は 

洗顔の泡立てネットに立つ泡に洗われていく昨日の私 

ヘリコプター夜空に舞えば一晩に一つ星座巡る旅する 

今宵また眠れない夜がきて解かすグラスの氷パチンとはじいて  

みてごらんひつじがたくさんいるからと君が指さす先には白雲