uemula  フォロー 0 フォロワー 0 投稿数 14

夜だけを信じている

胡瓜をちくわの穴に入れるそれ料理なのか遊んでないか 

なんだかいつか太陽に暴かれてしまう気がして遮光カーテン 

レンズにポーズ決める瞬間 防衛反応 魂を守る 

エアコンの生ぬるい風人肌のような不快感と温かさ 

耳の裏は何かを掛けるための部位じゃないから優しくしたげて 

消火器はパンドラの箱だと言った 彼の悪戯な笑顔と煙 

5Gとやらの速さで私たち生きていけるのか分からない 

夜らしさに流されて開けた窓オリオン座しか知らないのに 

時計の秒針だけが知っている 夜の長さあるいは短さ 

なにもないはないはずだがそうでもなく たしかに今日はなにもなかった 

無意識の呼吸やまばたきを見ていたい 存在と実感あなたの横で 

爪を切る横顔はみな穏やか傷つけまいとする自愛の心 

「むしろ」とぬるいビール飲む それ以外の夜も夜風もすべてが常温 

シャツがいつもより厚い生地だから それだけでふしぎと穏やかな午後