泉炎扇果  フォロー 0 フォロワー 4 投稿数 42

申し訳ないくらいだらしない感性をお届けします

偶像アイコンを失くした僕ら もういっそ名も泡沫に溶かしてみようか 

ふるさとの百葉箱の神様へ。 風がそちらへ向かうようです。 

長月と競い伸びゆく爪と髪 気付けば俺は狼男 

ちっぽけなほど良いこともあるのだと マンデルブロの銀河は語る 

鍵回す向きも忘れてしまうほど疲れてるので今日は寝ますね 

情緒なくトンズラこいた「夏」のやつ ブラジル行けばまた会えるかな 

ジョギングのクリア報酬!「鉄火丼」 冷蔵庫からお受け取り下さい 

トラバー点 ここを通れば自宅へのワープゾーンがある(ことにする) 

ひとつだけ飛び出た煉瓦 踏み込めばきっと何処かの扉が開く 

唐突に響いた花火 開けた窓 意味をなくしたエアコンの風 

栄養学的に間違いだが美味い ソーダに溶かした粉のスポドリ 

もし猫になれるのならば ペチュニアを額に当てて全智を得たい 

日盛りに舞う夕の色 アキアカネ 待てよ、まだ夏終わってないぞ 

何気なく発した「くそあつバヌアツ」に「くそまずバラムツ」と返せる友 

厨房の裏で頬張るまかないは ちょっぴりネギを入れすぎた 辛い 

姿なき鳥に鳴かれて渋々と日陰を抜ける歩行者の群れ 

青空が高く眩く見えたから 終末時計の針を進めよう 

精神の浸透圧が違うから 自分ひと他人ひととの涙も違う 

暑い昼、煩い夜に均された 薄明薄暮性の暮らし 

すいません、人間始めたばっかりで、ローカルルールまで知らなくて。 

開けたてのコーラの飛沫エアコンに煽られ机に横殴りの雨 

伝えたい本音を炭酸水で割り 当たり障りないスパチャを贈る 

アルバムの列にぽっかり空いた穴 一番好きだったはずの曲 

朝顔が花を咲かせるベランダに季節外れの粉雪除き忘れたちり紙が降る 

腹痛が死ぬほどつらい 来世では胃も腸もない草になりたい 

違います、これはパソコンさんのため。強冷房もサーキュレータも 

ペット不可の部屋でこっそり『音』を飼う 「おはよう」『しゃらり』「おやすみ」『ぱたん』 

「スプーンで食べる豆腐」に匙つかず 二十七時は猶も終わらず 

あの人の名前に「山」が入ってる それだけの理由ワケで今日はごちそう 

人類が抱く悩みの四割は お湯に浸せばやわらかくなる