フォロー 0 フォロワー 2 投稿数 20

存在の耐えられない存在さ

塗りこめた夜にひかりをひとつ添え差し出す月の照れ隠し雲 

比喩とは暴力であると泣くきみの自己言及が心地よい朝 

冷房のボタンのゆるい反発が夏を殺した指先の罪 

八月のうちだけはわたしを夏と呼んでほしいのあきがくるまで 

梳く髪の強ばり枝毛引っかかりみなわたしでもほんとうに好き? 

なめらかな夜をふたつに割る音で時計を鳴らす日付なる嘘 

わかったよ別れるよでも来世では責任転のない嫁にして 

境あればひとつなること極まらず境なくしてきみは在れない 

食う寝ると愛さるる要る醜きに在らしたならば責は負え神 

激しさでさえさらり去ることを知るたぶん切なさは刹那さの誤字 

この星の麻酔科医の部屋の瓶。夢、希望、愛、その他劇薬 

世界って笑っちゃうほど狭いよね頭蓋骨から外出れないし 

絞首刑、一番人気の縄はどれ?たぶん運命の赤い糸 

「重い邪魔」喋る背中にもたれ読むノートの文字は作用反作用 

こうやって五十の三十一乗のひとつを無駄に消費していく 

Excelを京の都に見立ていうここはおそらく零条大路 

「好きです」のすの口のまま先輩を見るすっぽんは満月の下 

ふと思い白紙の端に記しては消されたすべての言葉を供養す 

五七五きみが切るのはたんかでも啖呵じゃなくて短歌のほうね 

死刑付き執行猶予八十年、胎内で出た判決でした