有明を見果てぬ夢のなごりにてまだ宵ながら白む夏の夜