この里に幾世の春を送りぬと問へど答へぬ井手の山吹 

  紅玉

  しま かよ