随句っぽの掌知らぬ間に火が灯っていた 

  TUTU