過ぎ去りし野分の風をなつかしみ玻璃窓越しの空を見てゐる 

  むらさき