冷えきった君の手を握らせてくれ 手袋のない冬の夜明けに 

  いる

  さいおん