檜山流霞    フォロー 59 フォロワー 34 投稿数 316

93年生。歴史小説とファンタジーと少しの不思議で育ちました。古典和歌と唐詩、蕪村が好きです。近代詩と現代詩はまずまず。前登志夫、岡野弘彦、高野公彦、永井陽子。(環さんへ。連作表示に対応予定とのこと、楽しみです。さらに詞書にも対応していただけると小躍りします。)随想録……https://kyogoku-korin.hatenablog.jp 未来紀野欄

まさをなり遙か未來の砂漠ふかく失はれたる古伊萬里のあを 

友として酌み交はしたる杯に早くもひびのあらはれてゐし 

いかづちに裂けにける樹の思ひ出でをなづきの畑に種と埋めたり 

明け方を目覺むるまへのまなぶたにどちらからともなく觸れてゐつ 

夕燒けて凪となりにしみづうみのこゝろ澄みたる酒を頒けあふ 

古びたる機械のうちにうら錆びて次なる主を想ふ齒車 

過ぎ去りし野分の風をなつかしみ玻璃窓越しの空を見てゐる 

空き壜の多さを嗤ふ 酒飲みとなりし愚かしさの証かも 

明けてゆく蒼穹そらそのものが繪空ごと變化とはつねに目に見えざれば 

ぬばたまのくろきひかりの黑鐵くろがねを燒きつけて鎧ひなほさむこゝろ 

春ならで夜をあきくさと哭きあひてつがはむ猫のここだ哀しき 

戰ひにあらずこの世にあることのなべて虛しき空の明け暮れ 

捺されたる烙印ゆゑに逝きにしをあはれ〝敗け〟とは違へたるかな 

枯れゆくをいまだ知らざる松のもと生死ひとしく勝つと知るべし 

長雨の降る神無月はつなつにあらざるに目で搜す紫陽花あぢさゐ 

うき身まで莫迦らしうなる雨止みのいとはづれたるチャルメラの音 

夕闇の明けぬる空の熟れ枾のおもおもし日の曇りゆるも 

夜も更けてしほかをれる柑橘のグレンモーレンジィのすがしゑ 

虛ろなる心の奧の見え見えのそれなりに名のある財布なり 

赤茶けた色となりにし黒革の財布にさへも嘲りを見つ 

鞣されし革は傷めりその角の色まだらかに乾きそめたり 

財布とは心の在り處 一枚の紙切れのなきゆゑに隱せり 

偲びあふ人と人との口の端にはつか殘れるものとして Lava. 

岩漿は流れてゆけりわたつみの水底ふかきひとのこゝろに 

起き上がるときの耳殻に鳴動の蒸氣、なづきに煤溜まりゆく 

眼をつむる音ぞ聞こゆるみづからをちさきひとつの闇にし置けば 

衝動は唐突に来ぬ 地下道を歩むことなく過ぐる自轉車 

雨音は外にあるゆゑうるはしく滿ちゆくものか こゝろ濡れゆく 

忘れつるいまを今際の形見とて次なる世へとわれ羽搏はばたきぬ 

雨となる心模樣を振り捨てて登りし丘につ虹を見つ