檜山流霞    フォロー 59 フォロワー 34 投稿数 316

93年生。歴史小説とファンタジーと少しの不思議で育ちました。古典和歌と唐詩、蕪村が好きです。近代詩と現代詩はまずまず。前登志夫、岡野弘彦、高野公彦、永井陽子。(環さんへ。連作表示に対応予定とのこと、楽しみです。さらに詞書にも対応していただけると小躍りします。)随想録……https://kyogoku-korin.hatenablog.jp 未来紀野欄

溜めといて結社に出せばと云ふやうなものにあらねば溢れてやまず 

伺候して學ぶは了へつ。今よりはわが學びしを返すときなり。 

燃燒、といへば哀しも。ゆるやかに薄まりてゆくわれの體積 

流れねば、融けねばならぬ。頑なとなるはあまりにおそろしければ 

負けず嫌ひの忘られにける〝ず〟のごとく頑なとなりゆくこゝろざし 

君に司會は向いてないよと言はれしにすこし見かへすべく歌會せり 

花ひらくすもものかげにつとれば太白の星の燈りたる見ゆ 

敷島の大和しうまし秋津しま和歌の浦にぞつ雁のあり 

世はなべて光嚴しきところにて歌に生まるる蔭にこそ棲め 

生まれけむ我が身搖らさむものの爲に歌は祈りを兼ぬるものゆゑ 

定めてはゆかしさゆゑに歸るべき家なき雁となりぬべらなり 

良しやわれ異土の乞食かたゐとなるとても底を經てこそ匂ふ雪あれ 

まろやかに生きゆくのみのむづかしくくらゐとは世に在るべき手形 

心ある身とも思へり西へ行く日を追ひかけて月の見ゆるは 

蓮葉はちすばの馨りの中にもの思ふこゝろの根にぞ月宿るらむ 

しづみゆくしづくしづかにいづくにか咲きにほふらむ蓮のありけむ 

夕燒けはときのさかづき 水際に日長石ヘリオライトのしづくが照らふ 

現し世と夢の挾閒に永らへて羽黒蜻蛉の飛び交ふ夜明け 

風に搖れる藤の花房あやふくてどうせならともに搖られてゐよう 

うるはしきたいにはあらぬまやかしのその日暮らしに日は傾きぬ 

雲といふ羅紗の隙閒に霞みゐる黃金こがねの月に射竦められつ 

三日月は匕首となるべき喩にやあらむいまだ手にることの叶はぬ 

うたた寝の夢の奧處に忘れ來しひと粒の歌の種もありけむ 

ほんたうにやるべきことのおほかたは卯の花くたしの雨に紛れて 

枇杷を剝く手つきあえかに蘇る騷がしきはしり雨のあけぼの 

さつきまで椿が咲いてゐたものを夏なればそこに山法師咲く 

橘を見しにあらねど惹かれたりあとにただよふ風の軌跡に 

押しのけたやめておかうかを眠らせてあした笑へたならば 白南風 

ぽたぽたと、またぽたぽたと、うるさいな。何を言はうとしたか忘れた。 

(くるなくるなわたしは砂の卓のうへに空の花瓶を載せてるだけだ)