檜山流霞    フォロー 59 フォロワー 34 投稿数 316

93年生。歴史小説とファンタジーと少しの不思議で育ちました。古典和歌と唐詩、蕪村が好きです。近代詩と現代詩はまずまず。前登志夫、岡野弘彦、高野公彦、永井陽子。(環さんへ。連作表示に対応予定とのこと、楽しみです。さらに詞書にも対応していただけると小躍りします。)随想録……https://kyogoku-korin.hatenablog.jp 未来紀野欄

随句米炊いてあるうれしさ 

随句棚の前に積んでしまった 

随句事にしすぎて無くした 

随句んな雨の日に蜈蚣を想うほどのさみしさ 

随句っぽの掌知らぬ間に火が灯っていた 

随句レーパン喰う帰路やさぐれている 

随句んだところで空洞は空洞 

随句みきった空で急かされている 

怒髮天突くより飲まう〈伯樂星〉やがてこゝろの澄みきらむまで 

自由律俳句でせうよ歌詠みがほんとに學ぶべき心とは 

むづかしき詩といふものを逃れきて喰ひ入るやうに讀む山頭火 

蕗味噌をたべてみたいな日本酒はなんにしようか〈雨後の月〉見ゆ 

綺麗めの一語が活きる、日本酒の話ではなく衣服の話 

喰ひものの恨み怖ろし勝ち取りし鯖の味噌煮の鈍く光れる 

葈耳おなもみの棘の痛くもないことの頰を寄せ合ふこともあつたな 

滅びゆく在來種あり葈耳おなもみの實をつけたまま子らは眠れり 

讀書からとほくへだたる愚かさの階下より肉を燒く匂ひせり 

山並みの明けゆくごとし詠草の並ぶ下なる余白すずしゑ 

きのふけふあひみてのちのあかるさにかさねておもふくろかみのいろ 

信長も子規も好みて喰ひしとふ御所枾の実ぞいまは稀なる 

情けなき歌晒さむも是としたり雪降る夜半に啄木あれば 

死にざまをいまは思はじ花冷えを西にり行く月とならなん 

覺悟せよ塵も殘さぬあくたがは手配のすゑの服毒自殺 

みづからの體を〈美〉へと圧し籠めてあはれ三島は死んでしまひし 

たつた一日の風邪も癒えせぬ宵闇をきらきらひかる夢へと飛べりたつた一人の母狂はせし夕ぐれをきらきら光る山から飛べり ──前川佐美雄 

日曜は歌会ゆゑに疾く癒えよ風邪も癒えねば愚かと思へ春がすみいよよ濃くなる真昼間のなにも見えねば大和と思へ ──前川佐美雄 

秋鮭を煮詰めて待たう風邪ひきは雑炊だけが友達なので 

とろらかに出汁と絡むぞ美味かりし鷄のそぼろは茄子にこそ載れ 

折に触れて試してはゐし枾の実と茄子を今ごろ好む可笑しさ 

あれほどに嫌ひゐたりし枾の実のすべてにいまは心やすらふ