檜山流霞    フォロー 59 フォロワー 34 投稿数 316

93年生。歴史小説とファンタジーと少しの不思議で育ちました。古典和歌と唐詩、蕪村が好きです。近代詩と現代詩はまずまず。前登志夫、岡野弘彦、高野公彦、永井陽子。(環さんへ。連作表示に対応予定とのこと、楽しみです。さらに詞書にも対応していただけると小躍りします。)随想録……https://kyogoku-korin.hatenablog.jp 未来紀野欄

詠み捨てて捨てにしのちの塵芥ゆきて轉がる孤蓬となりぬ 

ぬばたまの黒々とせる自嘲ひとつぶらさげて歸路になつてもゐない 

文學は繪にも音樂にも勝てぬ、さも考へてゐる風情なり 

枾の木の葉が落ちてゆく橫溢の明き實のみをそこに殘して 

耐ふといふ動詞はかなく雪解けのなか見えそめてゆくふきのたう 

ひととせを不意にしたりし落魄のままに迎ふる春の極彩 

降りやまぬ雨くだりゆく冷たさを熱となす天の手力もがも 

スコープとひかり。射し込む影ながくながく伸びゆく歌会の午後 

振り乱す頭の奧でゆれてゐる詩情、涙となりて落ちゆく 

梓の使爲兼卿をひとなさむ言の葉にいま猥雑の世をすすがしむ 

鐘のな光嚴院をか山蔭に眠りにし〈風雅の君〉を身に呼び起こす 

同じ詩型を用ゐて厭くる性癖の手が伸びてゆく、深き淵へと 

のゆかりなりけむ紫式部の実りたるを聞きつけて詠める雪の日の野にたまさかに君をみつけて 

随句アを開けたら青空だった 

たはやすき自己言及と思ふらむ歌のほろびを危ぶめばこそ 

言の葉のあひに花咲く落とす実のやがて大樹となりゆかむまで 

浮生なる水底ふかき夢のうちに『合本 八代集』の燃えけり 

否むとは諾ふためにあるものか 花も紅葉もけふ散り果てて 

ありきたり・発明のない・古るされた・歌の彼方に眠る星かげ 

褻の歌と霽の歌あり分かてども同じ根に咲くものにぞありける 

褻の歌とおもふなりけりみづからを根に据ゑしに咲きたる花は 

われらみな身罷らむかな行くすゑは雪の降らざる街に埋もれて 

枯らしの吹き殘し夕菊さんの詠める二首に、かへしたるしがらみは年の瀨の水に流れてゆきぬ 

随句ぐ化けて出る感受性だった 

随句いた酒瓶どうしようもない 

随句焼け見たさに俯いている 

随句ちらこちら騙し騙し生きる 

随句れた舌に塩胡椒しみている 

随句がんで入った雪の中がぬくい 

随句れならもう夢の中で食べた