檜山流霞    フォロー 59 フォロワー 34 投稿数 316

93年生。歴史小説とファンタジーと少しの不思議で育ちました。古典和歌と唐詩、蕪村が好きです。近代詩と現代詩はまずまず。前登志夫、岡野弘彦、高野公彦、永井陽子。(環さんへ。連作表示に対応予定とのこと、楽しみです。さらに詞書にも対応していただけると小躍りします。)随想録……https://kyogoku-korin.hatenablog.jp 未来紀野欄

軋轢と齟齬にまみれて過ごす日は梨ひとつ朽ちてゆくかのやうに 

フィブリンがそこに根を張る常綠の木はわがうちに向けて伸びゆく 

気掛かりも心殘りも一条ひとすぢに縫ひ留められて灼かるるごとし 

あかねさすうすむらさきの錠劑は明日へとつづく麻醉だらうか 

行く秋の山を見るさへあたはねば窓邊はすでに雪のまぼろし 

脊椎は樹木の名殘り にんげんがまだ人閒にならないまへの 

にんげんの時閒はわれに速すぎて樹木の時閒をかくも戀ほしむ 

狐火の燃えつくばかりたましひは搖らぎめたり冰雨のなかに 

むらさきがやがてあかねもしこめて閉ざしゆかなんあめのまぶたも 

人の輪を我が意志にして逸れながらやさぐれて指のささくれを見つ 

てのひらのうへにからびて拔け殻は落ち葉の音でくづれてゆきぬ 

夕映えをたゆたふ夏のはぐれ雲るべなき者にあらがねとして 

ひと月をかく降らざりき。わづらへるわれの心のなかがさみだれ 

花まだき櫻のうへの宿り木の留まることはもうやめにした 

さうだねと言つてもらへば止むのだらう火炙りのなかを降りしきる雨 

現像が何故かできない。黎明は、夢のなかでは鴇色ときいろだつた。