山本千景    フォロー 65 フォロワー 37 投稿数 400

93年生。歴史小説とファンタジーと少しの不思議で育ちました。古典和歌と唐詩、蕪村が好きです。近代詩と現代詩はまずまず。前登志夫、岡野弘彦、高野公彦、永井陽子。(環さんへ。連作表示に対応予定とのこと、楽しみです。さらに詞書にも対応していただけると小躍りします。)随想録……https://kyogoku-korin.hatenablog.jp 未来短歌会の紀野欄を休会中。

虛ろ虛ろつなぎあふ手の体温のとほい記憶の堰くづれゆく 

みづからを喰はせることの憂鬱のけふの月やけに美味さうに見ゆ 

雨といふシロツメクサのかんむりを載せた貴女はきつとれやか 

明け方の地震なゐに搖れたる酒壜の打ちあふ樂に聽き惚れてをり 

ぬばたまの闇夜のつるさかづきうかぶ玉菟を遊ばせてゐつ 

腦内に閲覽室のあるやうな記錄を讀んでゐるかのやうな 

叫び得ぬ代償に擦るまなぶたの記憶さへ懷かしき哀しみ 

鳥か木か、人ならざりしさきの世に風となりたる刹那ありけむ 

搖りかごに降るやさしさの沫雪あはゆきのほどろほどろに溶けてしまひぬ 

夢のさなかに綻びありていつはりの庭と知りつつ繕ひやまず 

とほくとほく伸びた形で夕景に縫ひ留められた影と引きあふ 

綺麗だと思ひなほして眺めたり河原に竝ぶ人のつがひを 

虹の実の生る木を視たの、ほんたうに。ふたりしてさう云つてゐたつけ。 

ひそませてゐたはずの手に気付かれて引かれてしまふわたしの利き手 

花房の懷に擁かれにゆく遊びせむとてわれら生まれし 

藤は咲く宿主を締めつけながら力溢れてかくも明るき 

眠りゐる時のあはひのそのままに醒めにしのちをしづかに暮らす 

秋雨の早くも絕えて厺りゆかぬ叢雲のしたに白き風吹く 

吹く風にのたうちまはる火のもとに敷きつめられた枯葉おだやか 

軋みつつもはや役目を終へにけり機兵は春の極みのなかに 

两の眼に黑きほのほを宿しつつ神にあらがふとらとならなむ 

夏の極みは花火の欠片 夜の闇に螺鈿の星となりて殘れり 

夏の夜の歸路、たれも皆あやまちて狐火の隧道をあゆめり 

かつてその名を熒惑けいこくと呼びて畏れゐしひとのこゝろを眺めてゐたり 

まさをなり遙か未來の砂漠ふかく失はれたる古伊萬里のあを 

友として酌み交はしたる杯に早くもひびのあらはれてゐし 

いかづちに裂けにける樹の思ひ出でをなづきの畑に種と埋めたり 

明け方を目覺むるまへのまなぶたにどちらからともなく觸れてゐつ 

夕燒けて凪となりにしみづうみのこゝろ澄みたる酒を頒けあふ 

古びたる機械のうちにうら錆びて次なる主を想ふ齒車