山本千景    フォロー 65 フォロワー 37 投稿数 400

93年生。歴史小説とファンタジーと少しの不思議で育ちました。古典和歌と唐詩、蕪村が好きです。近代詩と現代詩はまずまず。前登志夫、岡野弘彦、高野公彦、永井陽子。(環さんへ。連作表示に対応予定とのこと、楽しみです。さらに詞書にも対応していただけると小躍りします。)随想録……https://kyogoku-korin.hatenablog.jp 未来短歌会の紀野欄を休会中。

理窟では辿り着けない洞窟の泉のうへに咲く紫水晶アメシスト 

また月が姿を變へてわたくしの後ろに百合は咲くことだらう 

夏の日はあまりに影を帯びてゐて好きになれない夕暮れもある 

なぜ僕は目覺めてゐるの話すべき相手を捨ててきた哀しみに 

ひかりあふものらそよげる夏の夜になどかわれのみ暗く留まる 

それはもう終つた話。混ざりあふ今と昔に行く先は見ゆ 

それはものがたり眠りの深みへと月を移ろひゆくものがたり 

ここは梅田。すでに閉まつた百貨店の前でギターをゆつくりと聽く 

Sunset to sunrise, sunshine. 地下に光の聲はあふれて 

歌ひ手はストローハットの似合ふ人。驛にダウンストロークの名殘り 

地下鐵の構内を吹き拔ける風 誰とぶつかることもない日の 

衝突は向かうから來るものですか 違ひますこちらから向かふもの 

ゆふがたを風の逆巻く夏は來て風の逆巻くまゝに帰らう 

しんどさの、それは恐らく曲がり角。いきなり落ちて來る稲妻の 

いまとなつては踏んでゐたのが地団駄か蹈鞴たゝらかそれすらもわからない 

うちがはを傾く水のあるゆゑか渇きの果てに口寄せあふは 

しりぞけて退けられて星といふ磁石にわれを拾ふひともあれな 

とことはに餓うる定めとなりぬべし後ろ手に赤楝蛇やまかゞしの氣配 

潤ひを求めてやまずなかなかにからびゆく四肢といふ牢獄 

ひとふさの果實さへ手に捥がざれば知らず巡りに水の流るる 

てのひらの行き来をおもふ母の背のひろきをおもふ ひろきをおもふ 

てのひらのやうにひろがる欅ありかつて根本に僕たちはゐた 

休憩の午睡をガードレールへと突つ込む夢にわれおどろきぬ 

扉の、前まで着いて引き返す。さういふことが何度もあつた。 

龜裂には綜量といふものがあり閾値を越えたときに崩れる 

二階から見下ろす雨の街、それはレオニード・アフレモフの景色 

クマゼミしか鳴かない夏の干魃かんばつに私の心は痩せ衰へた 

歌はわが鱗の剝離。ぽろぽろと道に落とさば拾ふ人もあれな 

喧騷に取りかこまれて椅子のうへにわれといふ絕望のゐすわる 

死ねSHINEといふ語をのなかにくりかへす死ねといふ語がひかりかゞやく