檜山流霞    フォロー 59 フォロワー 34 投稿数 316

93年生。歴史小説とファンタジーと少しの不思議で育ちました。古典和歌と唐詩、蕪村が好きです。近代詩と現代詩はまずまず。前登志夫、岡野弘彦、高野公彦、永井陽子。(環さんへ。連作表示に対応予定とのこと、楽しみです。さらに詞書にも対応していただけると小躍りします。)随想録……https://kyogoku-korin.hatenablog.jp 未来紀野欄

ひとときを水のうからとして遊ぶ見ぬ世の友と連れ合ひながら 

葉櫻のうへを落ちゆくひとしづくうすき縁の風に吹かれて 

あらかじめ知れつることも呪はしき心の花を散らす春雨 

世界から背けてしまふ心根のあゝこれはカブトガニのうらがは 

度一切苦厄、迦楼羅よ眼と耳と世を燒き祓ふ天の火もがも 

散る櫻、盡きる煙草の明るさにわたくしの物語は終はる 

春の日を霏珂離と呼びて擬似的に天平びとのたましひはるか 

世界、それは#bf783aKohakuの色で僕たちを生きたまま永久とはに包む松脂まつやに 

降る葉裏に向ける眼差しゆく春やおもたき琵琶の抱きごゝろ ──蕪村のうらゝかに琵琶鳴らさむこゝろ 

昼間から猫が添ひ寝をするやうにわれも生きたしされどむづかし 

雪を負ひて翌檜の木は立ちにけり見ぬ世へと吹く風に巻かれて 

り字の繰り返しUVERworldの樂曲に和してなる日々にまします神集め踊れ 々々々々々々おどろろろろ 

戰争に関はりしその一點を突かれて前川佐美雄たじろぐ 

五七五七七といふ韻律のかつて奴隷と云はれてゐたり 

詠歌てふ營爲を詠むは薄ら氷をみづからこぼつごとく淺はか 

咲く花をあだなりと見るこゝろなど捨てよ紗幕に月ぞちゆく 

散る花は來世のための種にして蒔かれてゐたり日ごと日ごとを 

流れ去るものにあらねばわがうちをとどまる霞あはくほのめく 

夢のうちに夜雨やう降りをへてゐたらしく今朝こんなにもれてたけなは 

ケ・セラ・セラこゝろ深くに棲んでゐたまつくろくろすけたちが出てゆく 

受け身よりほかに形のないゆゑに生まれるといふことのかなしさ 

意志などは介在しない 影と闇とそのなかに住むはずもなかつた 

一杯の燒酎がやがて三杯になりそこでふと醒めてをはりぬ 

くたびれてその日暮らしの寂光のうちへと向けて降る蟬時雨 

登るべき丘を見つけて華やいだ。轉がり落ちてからすぐだつた。 

和歌といふ言葉捨つるもかなしけれ干潟となりし浦のありけり 

短歌とは何々である ともすれば自己言及となりつるあはれ 

ひたすらに泣いてばかりの少年がふと影送りしてゐたやうな 

命日、と呟くことが影おくり記憶のなかの校舎が朱い 

色褪せてゆく敎科書と年老いてしまふ私を影は伸びゆく