樂々    フォロー 32 フォロワー 16 投稿数 486

エロガッパです。短歌は楽しき玩具。 自宅住所https://jbbs.shitaraba.net/otaku/4180/

乙女らが待つ浦の川の光る瀬に鮎子さばしる夏は来にけり 

夏はまだ倉山の子規ほととぎす名告りはあげず忍び音に鳴く 

踏み分けてたれかははむ小野の山世をの花の雪の通ひ路 

卯の花を月の光に磨かせて零るる露の玉川の里 

唐錦龍田の山の夏衣に色は緑なりけり 

花の色の染みし衣になれぬれば脱ぐ別れこそ月なりけれ 

見慣れない男の靴が玄関にあるのに客はいないと言う妻 

卯の花の咲けるさかりに見わたせば垣に波越す玉川の里 

飲みすぎて頭うづきの花の垣今日より酒を隔てよと説く 

白妙の衣や干すと見るままに春を隔つる卯の花の 

たちわびて霞の袖やしをるらむ今日を限りの春雨ぞふる 

これまでの応援ほんとにありがとう今日で天皇卒業しま~す 

平成の最後の昭和の日の次が平成最後の日とは出来すぎ 

帰りゆく春の霞の袖引きてしばしとどめよ逢坂の関 

信夫(忍ぶ)木隠こがくれにのみ行く水のに立てつべくものを思ふかな 

しるしなき恋のみ磨の蜑小舟あまをぶねうらみ(浦見・怨み)てのみやこがれ(漕がれ・焦がれ)わたらむ 

ぐずる孫引いて歩けば誘拐に間違えられる俺の人相 

公園で遊ぶ子見てたら母親が「変なおっちゃんいてるから帰ろ」 

弁護士と医師の資格を持ってたらできるねどんな悪いことでも 

帰る雁雲居はるかに(泣・鳴)き入りて飽かぬ涙の春雨ぞ降る 

学歴がないのにやたら法律に強い人ってちとヤバクない? 

引きてく苗代水のいかなれば過ぎゆく春をとどめかぬらむ 

すむ水にかはづ鳴くなり玉川に散らでうつろふ岸の山吹 

花散れば青葉の枝に紛れ入りて今は友ある高砂の松 

真夜中に川から声がするだけで小豆のようにはあらわれぬなり 

君に似たAV女優いるよって言われたけれどそれわたしなの 

咲けるぞ人もひける山里の風の散らすは桜のみかは 

「デブ」と「ブス」交互に言われて来たけれどみごと痩せたらもろに「ブス」だけ 

梅の宴酒を讃ふる旅人居り家族恋しき憶良も居りき 

この里に幾世の春を送りぬと問へど答へぬ井手の山吹