樂々    フォロー 32 フォロワー 16 投稿数 486

エロガッパです。短歌は楽しき玩具。 自宅住所https://jbbs.shitaraba.net/otaku/4180/

五月雨の晴れ間の月を待ち取りてまた色変ふるあぢさゐの花 

押し入れに詰めたパンツのえたのを取り出してまた穿く梅雨の頃 

名のみなほ⦿香の沼の花かつみかつ隠るる五月雨のころ 

五月雨の空に振り(降り)出でて郭公軒の菖蒲(根)をぞなく鳴く・泣くなる 

(葺)けば軒の菖蒲に散る(緒)止む暇なき五月雨の空 

五月雨の降るき軒端の橘はが袖触れし形見なるらむ 

小山田に雪解け水を引きはへてかはづの声も冷・清ゆる夜な夜な 

被害者の分まで生きて幸せになるから死刑勘弁してよ 

一人では死ねない弱いこんな僕赦してください行きずりの人 

冷蔵庫だけが大きいあの家はなぜか子供が生まれては消え 

期待して見詰めてたけどタネがあると知ってがっかりギロチンマジック 

地を這ひて鳴くと思ひし子規ほととぎすただ有明の月をひと越え 

に入りしかひ(峡)こそありけれ都にて待たで聞くべき郭公かは 

末の子は女房が悪魔と浮気して生んだ子なんだ俺は知ってる 

有明を見果てぬ夢のなごりにてまだ宵ながら白む夏の夜 

夏の夜を短きものと思ひしは恋知らざりし昔なりけり 

聞きつとは誰に告げまし郭公もの思ひ明かす閨の一声 

世の憂きに入らむと思ふ深山みやまより泣・鳴きても出づる郭公ほととぎすかな 

玉くしげ(蓋)上山の郭公明けぬまにいま一声もがな 

年ごとに散る橘のいかなれば風も昔の香に匂ふらむ 

絶対に浮気しないと言ったのは嘘だったのね下を抜くわよ 

橘の花散る里の夕暮れを人こそ見えね郭公ほととぎす 

宿とせる青葉隠れの遅桜鳴きて知らせよ深山鴬 

緑濃き木の間に干せる白妙の頃も夏なる天香久山 

(狩)(苅)にだに来ずやは鳴かねども夏こそ繁れ深の里 

郭公ほととぎす昔に恋ふと橘の匂ふ窓辺の夢な破りそ 

橘の香に先づ来鳴く郭公ほととぎすなれも昔の袖や恋しき 

裁ち縫はぬ衣干せりと見ゆるかな卯の花咲ける山がつの垣 

風吹けば卯の花垣に波立ちて零るる露の玉川の里 

ドラえもんエロ漫画なら何を出す?答でわかるあなたのエッチ度