樂々    フォロー 33 フォロワー 16 投稿数 508

エロガッパです。短歌は楽しき玩具。 自宅住所https://jbbs.shitaraba.net/otaku/4180/

サンタさん何もくれずに置き手紙「臭わんようにあろとかんかい!」 

信じてるがまだいるの?肉じゃがで男が釣れる都市伝説を 

蜘蛛の糸で亡者をからかうお釈迦様釣っては落とし釣っては落とし 

靴下のあまりの臭さに気絶したサンタ翌朝ゴミ出しされる 

二度漬けをしとうてたまらん俺のためソースの瓶のキープあかんか 

太りたくないから彼女はドーナツの周りを残して穴だけ食べる 

昨日こそ時雨ふりしか紫香楽しがらき外山とやまの笹をあられ打つなり 

名にし負はば八塩の岡の薄紅葉時雨の染めむ後にこそ見め 

玉章たまづさも絶えにし閨にひとり打つころもあきぞと渡るかりがね 

いつのまに冬はぬらむひとりるわが衣手に霜ぞ置きにける 

岩陰の一叢芒ひとむらすすき霜枯れて霧ものすごき谷の夕暮れ 

いいことを教えてあげようスーパーのトイレで食えば8% 

イートイン「レシート見せてください」と声かけてくる税務Gメン 

十月はやはり出雲に行くのかと伊勢で聞いたらいやな顔された 

鰯雲近くなったか屋根の猫 

秋空や甍まばき紫宸殿 

るや鳩が糞する庫裏の屋根 

天地とともに久しき高御座定めたまひし神代をぞ思ふ 

「地球さん月さん日さん屁をひるの誰?」「地球さん」「なぜ?」「わ、くせぇ~~!」 

人間がさらってくぞと脅されていたずらやめるお化けの子供 

人間に化けてお化けにハロウィンのお菓子をねだるお化けの子供 

住み(澄み)慣れば心慰む夜やあらむ旅の空なる更級の 

風のおと(飽き)ぞと告ぐる蓬生に露重げなる(待つ)虫の声 

峰々の色づく秋はくれなゐに水くくるらむ天の川浪 

「水戸黄門」再放送でやってたらつい見てしまう俺も年だな 

お住持さんもうけがないと見せかけてでも内情はボチボチらしい 

尻子玉狙ふ河童の目に映る風景ならむ十五夜の空 

月を待つほどのあはれもさらしなや姨捨山の夕闇の空 

一夏ひとなつの海辺で燃えた思い出を産婦人科に捨てに行く秋 

「あの馬はなぜひとりだけみんなから離れてるんだ?」「鹿とされたの」