せりざわ  フォロー 0 フォロワー 1 投稿数 26

まあ別にアンタがいいならいいけどさ だって私の人生じゃねえし  

今ここで「はいそうです」と言いなさい。さもなくば、えっと…あれ、なんだっけ?  

知らぬ間に大人になった君からはもう、おひさまの匂いがしない 

最初から羽根はないけどもう飛べないとか思うから天使なのかも  

鏡像の君は白より白い黒 僕は黒より黒い白だね 

行かないで アンタがいなきゃダメなんだ 後生だから。ごめん、頼むよ。 

どうしても君の情けない表情が見たいんだけど ダメかな?ダメか 

なあ俺を無敵ピンクにしてくれよ 陰険レッド 色だけ綺麗 

今だから言うわけじゃないけど君がカルダングリルだったな、僕の 

この世界、はじまりが主であるならば 終わりはせめて僕らふたりで  

置き去りにされて転がる水色の夏と大人になれない僕と  

いま私、なんか無敵な感じするから劇薬とか飲もうかなと  

わかったよ だからてめえが決めたその嘘を死ぬまでつき通せよな 

「逃げよう」と僕を連れ出すきみの手もぶるぶる震えている 好きだよ 

空っぽの音しかしない人生にもう疲れたな 泣いちゃいそうだよ 

色褪せた思慕はまたねとさよならの、間にいます そんな感じです  

きみの抜け殻と一緒に心中する ほんとのきみは来なくていいよ 

ぼくじゃない かみさまがころしたんだよ ほんとうだって うそじゃないもん 

眠るならきみのとなりの墓がいい ダメならダメで それでいいから 

健やかに生きてください 僕の目の行き届かないどこか遠くで 

きみの大好きはこんなに簡単に手に入るのか じゃあ、いらないね 

ふっかつのじゅもんは覚えているけれど 唱えてなんかやらないよ死ね 

置き去りにされたこころとプライドを尻目に今日を繰り返す自死 

何気なくきみが唱えた 嘘っぽい「またね」の呪いがずっと解けない 

赦されぬまま生きることを許さないきみが地獄で門をしている 

マシュマロの銃で撃たれたもんだから 死ぬことすらもろくにできない